2006年01月27日

ところ変われば、ライブも変わる

色々な制限を設けるライブがある。
バンドのナイスなセンスをいかんなく発揮しているわけだが、
一部の人にはそれがどうやら許せないらしい。

我らがIdol Punch (通称ドルパン)は2月14日に今をときめく銀杏BOYZを招いてライブを行う。
Violent Pops vol.12と銘打たれたこのライブは、
ドルパンのTシャツを着た人しか入場ができない。
この制限をめぐってドルパンのオフィシャルBBSでは大論争が繰り広げられている(銀杏BOYZのBBSでも)。もしくは荒らしともいう。
銀杏を使った売名行為だとか、ただの金儲けだ(持っていない人のために開場前Tシャツを売るから)だとか、銀杏ファンからの批判がゴウゴウ。

ドルパンはこのイベントで毎回色々な制限を設けてライブをやってきた。
盟友Hawaiian6とのライブでは男子限定「パンイチナイト」と、
女子限定「スカートナイト」を決行。
ライブ出演者もその規定を遵守する。詳しくはここ

硬派で有名な(?)BRAHMANも参加。
正装でないと入場できない規制付き。
その際のラッコ氏のMC
「バカな企画を考えるのは楽ですが、
それを受ける人の器の大きさに拍手」

今回の荒らしにも、この言葉を聞いて欲しかった。
この企画を批判する銀杏ファンは、この企画に賛同した銀杏BOYZ自体をも否定することになる。
という書き込みも見られるが、まさにその通り。
パキパキの堅い頭じゃあライブは楽しめないと思います。

そんなこんなで、
マキシマムザホルモンも、
男性デブ限定(70kg以上)と女性すっぴん限定ライブを企画。
しかもリハーサルスタジオで決行するとのこと。
それぞれ入場料は1円とタンポン1本とのことです。
ダイエット延期して申し込みます!



posted by AT$U-SHIT at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | Music | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月21日

タダでライブ・PVが見られる?!

みなさん、GyaOというサイトをご存じでしょうか?

USENが運営するパソコンテレビ。
様々な番組が完全無料で見ることができる。

そのなかの音楽コンテンツがかなり充実している。
新作シングルのプロモや、ライブ映像のがかなりの数発信されている。

自分も先日、ブルーハーツの特集のようなもので
約50分もライブ映像を見てしまいました。

是非チェックしてみて下さい。
posted by AT$U-SHIT at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | Music | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月10日

CDを買う。

今月はCD(新譜)買いすぎです。

先日書いたブラフマンと同時に、
ギターウルフのベスト「ゴールデンブラック」と
DVD「ライヴAT世界 オオカミライジング」を買いました。
必ずレビューします。

そして今日、Hawaiian6の新譜を買いました。
それだけのつもりでHMV(水曜はポイントW)に行ったのですが、
おしゃれな銀座数寄屋橋店で思いがけない出会いが。

Idol Punchの事実上のベスト「NUDE SCRAP」を発見、
即購入に至りました。
しかも初回版と言うことで、豪華著名人(?)による
ライナーノーツ付き。

反則とは知りつつ、先にライナーノーツをチラ見したら、
すごいっす。
横山健、峯田(書類送検)、トシロウ・りょう夫妻、遠藤(デビロック)に始まり、
hawaiian6・BDB・ハスキンの面々、Idol Punchの地元岡山のSM嬢、
に至るまで。
しかも内容が面白い。

そんなこんなでハワイアンをさしおいてアイドルパンチ聞いてます。
レビューはまた今度。

あ、オイスカミニアルバム予約しなきゃ

>F井S平
こんな音楽しか聴きません、ほんとに。
posted by AT$U-SHIT at 23:09| Comment(0) | TrackBack(0) | Music | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月24日

バトンって怖いよ

バトンという言葉には恐怖がつきまとう。
小学校の運動会を思い出させる。
落としたらそこで負け。
それまでのみんなの努力が水の泡。
そんな強迫観念に囚われて、はやりのミュージック・バトンです。

wwwの力はすごい、と感じさせられました。
はやり始めて、あっという間に着ましたよ。

ではどうぞ

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
〜ミュージックバトン ルール〜

@Total volume of music files on my computer
(今コンピュータに入ってる音楽ファイルの容量)
ASong playing right now
(今聞いている曲)
BThe last CD I bought
(最後に買ったCD)
CFive songs(tunes) I listen to a lot, or that mean a lot to me
(よく聞く、または特別な思い入れのある5曲)

以上の項目を書き込み、更に5名のblog仲間に同じ質問を振ってください。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

@3.5GBぐらい
sonyのvaio pocketを買ってからあっという間にこんな量に。
でも、借りたCDはCD-Rにも焼いてます。
先日、win○Xで落とした動画(色々ね)と音楽ファイルがPCに収まりきらなくなったので
外付けHDD160GBを買いました。
いくらでも来い!

A伝説のチャンピオン/QUEEN
正確にはNHKBSのNBAファイナルを見ながら。
サンアントニオ・スパーズの優勝を称えてかかってます。
感動的な試合だった。

B新品:MAGICAL JET LIGHT/RAZORS EDGE
中古:ラッパ我リヤ伝説/ラッパ我リヤ THE DARKSIDE PRINCESS/GERONIMO
ハードコアが好きです、最近マジで。
それはロックだろうがHIP-HOPだろうが、、、

Cむずかしい
1.カミナリワン/ギターウルフ
バンドを組んで始めてコピーした曲。そして今まで最も多く演奏している曲。
いきなりBPM200のドラムはきつかったっす。
俺の中のロッケンローはここから始まった

2.THAT'S ALL/BRAHMAN
何度聞いても鳥肌の立つ曲。
題名の通り、BRAHMANの全てが詰まっている76秒間。

3.MIDI SURF/THE MAD CAPSUKE MARKETS
彼らのシングルの中ではポップさが少ないためかあまり人気がないような。
でも、あのコアっぷりがたまらん。
生演奏とブレイクビーツの混ざり具合も絶妙だと思う。
叫び(TORUxxx)あり、変態ベースソロありの、マッドの全てが詰まった210秒間。
PVもかっこいいよ。

4.自己紹介/鳥肌実
CDに入っているものを曲とするならばこれを入れてもいいでしょう。
忘れもしません、駿台の授業をさぼって立ち寄ったdisc unionで試聴したことを。
あまりの衝撃に、気付けばレジにCDを持っていっていました。
才能はあるところにはある。

5.ズルい女/シャ乱Q
歌謡曲チックなポップさ、キャッチーさが好きになったのは
この曲がかなりの影響を与えているのではなかろうか。
いずれにせよ、小学生の時シャ乱Qにはまったことが
自分の音楽観に影響を大きく与えているのは確か。

blog仲間はいないので、これを見た人はトラックバックかなんかして、
書いてみて下さい。
posted by AT$U-SHIT at 13:58| Comment(0) | TrackBack(0) | Music | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月06日

ベースウルフよ永遠に

今日、ビリーのお通夜に行って来た。

祭壇を目の前にしたら、それが逃れようのない現実になってしまうようで、
斎場に近づくのが嫌だった。
しかし、バスは停留所に着き、次々と革ジャン革パンの集団が向かっていく。
斎場には似つかわしくない集団が入り口の周りに固まっている。
焼香を終えても、名残惜しげに仲間達と話しをしてその場に残っているファン達だ。

今日は、高校時代にギターウルフのコピーを一緒にやっていた友だちと行った。
二人ともしっかりとウルフTシャツを着て来た。
俺のは、本八幡でのライブの時にビリーから直接手渡された、想い出の品。
そのバンドは俺が初めて組んだバンドで、高校3年間続けた。
生涯で初めてコピーした曲は、カミナリワンだった。
俺の中でのバンドの始まりは、ギターウルフだった。
ギターウルフが大好きな3人で、3年間ずっと続けた。

意を決して斎場の中に入り、受付票に名前を書き、会場へ。
祭壇にはホームページにも載っている、ビンとベースを抱えたビリーの遺影が。
そして花に囲まれた祭壇に、堂々と立っている、白いプレべ。
左手には数々の写真が飾られている。
順番が回ってきて、お焼香をする。
親族席の奥さんは気丈に弔問客に礼をしている。
ビリーの死がリアルに感じられた。
インターネットの画面の向こうの出来事が、現実味を帯びて迫ってくる。

関係者席には、革ジャン革パンのセイジとトオルの後ろ姿が。
弔問に訪れたファン1人ひとりに、「ありがとう」
と力強く声をかけていた。
俺は、声にならないような声で、「頑張って下さい」
としか言えなかった。
力強く「ありがとう」と応えてくれた彼らの顔を見て、
やはり一番つらいのは彼らだと思った。
会場を出ると、黒い封筒にビリーのサインが印刷されたものを手渡された。

何とも言葉にならなかった。
一報を聞いたときは、あまりの突然さに、感想をもてなかった。
それから時間がたつにつれ、自分の中でいかに大きい存在だったかが、
どんどん膨らんでいった。
ライブで、ビリーが投げたビールの缶を拾って残りを飲んだこと。
去年お台場ですれ違いざまに、5年も前のウルフTシャツを着てた俺に、
ニヤリと笑った姿。
そして、ライブでベースを弾く姿。
次々と思い出された。
そして、厳然たる現実を突きつけられ、呆然とするしかなかった。
帰りのバス停で、封筒を開いた。
ビリーの写真の3枚のポストカード。

大森駅で、久々にその友だちと飲んだ。
なぜギターウルフが好きか。
究極のエンターテイナーだから。
世界を築き上げた者だから。

そして、二人にとって、今まででもっとも多く演奏した曲は
カミナリワン
だ、と気付いた。
体の一部になっている。曲の全てが見えている。
初めての練習の日、たった2分の曲、1曲だけをひたすら2時間やった。

人間いつ死ぬか分からない。
どんな死に方をするか。生き様より死に様だ。
そんな話しになった。
ビリーは、
多くの仲間達に囲まれ、惜しまれ、
そして、そのスタイルをこの世にしっかりと刻み込んで、
死んだ。
死んでなお人の心に、
ベースウルフとして生き続ける。

http://www.guitarwolf.net/

posted by AT$U-SHIT at 01:31| Comment(0) | TrackBack(0) | Music | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。