2005年11月17日

健くん、ごめんね

健くん、ソロはやっぱだめだ、なんて思ってごめんね。
やっぱあんたはやる男だよ。

381[1].jpg
ハイスタのメロコアにどっぷり浸かったものとしては、ファーストアルバムはやや突き抜ける感じに乏しく、どこか落ち着いた雰囲気に不満があった。
健くんも大人になってしまったのね、とついついBBQ CHICKENSに手を伸ばしてしまっていた。
しかし、10月に出たシングルを試聴期で聴いたとき、鳥肌起ちました。
ポップでキャッチーなメロディーライン、ストップアンドゴーなファストビート。紛れもなくそれはメロディック・コアと呼べる曲だった。
絶対次のアルバムはやってくれると確信した。
期待は裏切られなかった。ありがとう、健くん。
あえて戻ってきた、とは言いたくはない。横山健の色々な顔の一つにすぎない。内田貫太郎とアコースティックライブをするのも一つの顔だ。でも俺はこれが好きです。
多彩とは言い難い、ひたすらストレートなパンクロック。
メロディックなギターソロや、ツボをはずさないキャッチーさが、センスのよさを感じさせて、ここら辺が他のパンクバンドとは一線を画するところなのだろう。

ピザ・オブ・デスという音楽集団は、揺るぎない思想を共有しているのだとつくづく思う。
みんなが楽しめるパンクロック。
社長がこれじゃ当たり前かも。

http://www.pizzaofdeath.com/
↑試聴もあるよ


posted by AT$U-SHIT at 00:38| Comment(0) | TrackBack(0) | Music Disc Review | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月01日

ロッケンロー・ハロウィンその2:涙のタイムマシーン

今回このライブに行ったのには大きな理由がある。
新生ギターウルフを見るためだ。

3月末にビリーが急死して以来活動を止めていたギターウルフ。
それが新たなベースウルフUGを迎え、活動を再開した。
再開後都内初となる(シークレットでは2本やったらしい)このライブは、
どうしても見ておきたかった。

18時前にシェルターに様子を見に行った時、入り口にドラムウルフ:トオルがいた。
その姿を見た同行者は、ふいに涙を流した。
もらい泣きしそうになりながら、
今日はみずっぽくなってはいけないと、二人で無理に明るく振る舞った。

ウルフの出番が来て、ゴジラのマスクを付けた三人がステージに現れる。
ハロウィンパーティーでの仮装。
UGの顔が見えない。
一曲目は火星ツイスト。
新生ウルフは全部新曲だと聞いていたので、少し意外だった。
思っていたよりも悲しい感情は湧いてこなかった。それは単純にゴジラの格好で歌うセイジが面白かっただけかもしれない。
2曲目・3曲目は新曲。
4曲目にDVD「LIVE at 世界」にPVが収録されたエイジアンエクスプロージュン。
真っ赤な部屋で二人っきりで演奏するPVが思い浮かぶ。
PVはやりきれない思いを黙々と演奏にぶつけるトオルと、暴れ叫ぶことで何かを振り切ろうとするセイジが印象てきだった。
今、目の前のステージではしっかりと3人で演奏している。
頼もしく感じた。
ライブはこの曲であっさりと終わった。

もちろんアンコールの声があがる。
そしてもちろんそれに応えるウルフ。
一曲目はミサイルミー。
ベースウルフUGがしっかりと歌う。
いつもならビリーの声が聞こえるところに、聞き慣れない初々しい歌声が聞こえる。
間髪入れずに、ジェットジェネレーション→オールナイトでぶっ飛ばせとつながっていく。
それは見慣れたギターウルフのライブ、セットリストだ。
考えてはいけないと思っていても、ビリーの映像が浮かんでくる。
ロックで涙が出てくるなんて思わなかった。

これが新しいギターウルフで、その格好良さは何も変わらない。
UGがどうしようもなかったならば、こんなにも悲しくはならなかっただろう。
UGがしっかりとウルフの一員であるからこそ、もはやそこにはビリーはいないということが現実として突きつけられる。
その事実が余計に悲しかった。
しかし一番辛かったであろう二人がこうして、懸命に新しいことに向かっているのに、見ている側が湿っぽくなってはいけない。
新生ウルフの新しい音をしっかりと楽しんだ。


だけど俺が変えたかった時間は変えられねぇ
結局何も変わらねぇ
過去は未来でしか変えられねぇ
涙のタイムマシン
posted by AT$U-SHIT at 00:12| Comment(0) | TrackBack(1) | Music Live Report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月31日

ロッケンロー・ハロウィンその1:ロックヒーローはいるんです。

HALLOWEEN BALL 2005@下北沢SHELTERに行って参りました。

前日のICU BALL2005の準備・本番・お片づけの一連作業により、まさに足が棒になった状態で下北沢へ。
10バンド以上も出るイベントで、15:45スタート、お目当てのMAD3ギターウルフ二大ガレージ巨頭はラストに違いないという目測をもとに到着は18時ちょっと前。
シェルターにて出順を確認するとやはりラスト、店員さんに出演時間を聞いてみるとなんと21時から。
近くのカフェで時間を潰して20:45に再びシェルターへ。
MAD3の前のバンドが始まらんとしてるところ。

何とも言えない、カオティックなガレージロックでした。
そしてついにMAD3。
かなり久しぶりっす。去年のロッケンローサミット以来。
いつも通り、ジャックザバイオレンスでスタート。
エディー氏がアドリブ入れまくりのライブ仕様で、さらにかっこいい。

このMAD3、エディー氏のまるで本から飛び出してきたような格好といい、
三位一体の演奏・ステージアクション、
そして見とれるほどのギターの弾きっぷり、
すべてが
ロックヒーロー、ギターヒーローなんです。
まさにこの言葉が当てはまる三人。
ぎゅうぎゅうのライブハウスで、爆音のロッケンロー。
自分の中にあるロックの原風景そのものでした。

足の疲れも忘れさせてくれるロッケンローって、
やっぱりいいものですよね。
posted by AT$U-SHIT at 01:28| Comment(0) | TrackBack(1) | Music Live Report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月29日

マキシマムザホルモンのDebu Vs Debu

マキシマムザホルモン
やばいっす。
CD聞いたときもすげぇと思ったけど、
映像はもっとやばいっす。

4人、全員ともキャラ立ちすぎ。
そして演奏うまい。
ダイスケはんはどうしてあんなにデス声ときゃーきゃーした声が持続できるんでしょうか。
上ちゃんのスラップ、やっぱフリー(RHCP)級ですよ。
亮君、何気なくギターと歌やってますが、安定しすぎ。
そしてなんといっても姉ナヲ。
ドラムはもちろんのこと、歌もすげぇ。
さらにMCが芸人級です。

全体を通してライブの見せ方がかなりうまい。
エンターテイメント性がかなり高い。
ここまで客を楽しませることを考えているバンドは、
国内にはそういないのでは。
とにかく、今ライブに行きたいアーティストNo.1っす。

かっこいいことをカッコつけずにやってるってほんとすばらしい。

マキシマムザホルモン公式HP
posted by AT$U-SHIT at 01:06| Comment(1) | TrackBack(1) | Music Disc Review | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月15日

PUNKROCKERS BOWL Vol.11@新宿ロフト

9月10日、いってきました。
ピザオブデスプレゼンツ。

この夏、一体いくつライブにいたのでしょう。
いくらいっても飽きない。
まだ見たい。

1バンド目、JOY。
自分としてはイマイチでした。
一緒に行った二人は結構気に入ってたみたい。
楽曲の構成は工夫されている感じがしたけれど、
それが妙に気になってしまった。
非常にバランス(激しさとキャッチーな部分、演奏etc)が取れていたけれど、
面白みにかけるような印象です。
これから来るかもね。

2バンド目、WRENCH。
はっきり言ってヤバい。
シンセ・打ち込みとバンド、という組み合わせは様々あれど、
ここまで完成されているものはなかなかない。
ロックの心意気も決して忘れていないけれど、
踊らせるところはきっちり踊らせる当たりクラブ系の香りもプンプン。
バックトラックを作ってライブでは鳴らすだけ、というバンドが多い中、
ボーカルがシンセ・ボコーダ・ボーカルエフェクトを自在に操り
その場で音楽をつくっているのが、妙に感動的で
また、しっかりとバンドを見ているという満足感もある。
もっともっと売れてもいいバンドだと思う。
いつまでもMADの弟分じゃもったいない。

3バンド目、MELT-BANANA。
CDを聞いた限りではシンセが絡んでいるのか、と思いきや
すべてギターでした。
まじびびった。
ギターの人、完全にエフェクターオタクです。(ワーミーなんて初期型だもん)
ぶりぶりベースに、スラッシュドラム、というハードコア定番に、
例のギターとハイトーン女性ボーカルという異色の組み合わせ。
外人が多くて、モッシュが重たい。ギタリストの足下を見るために最前に行ったのを後悔した。
とにかくカオティック。
しかし、ライブ全体ではいまいち迫力が無く、CDの方が満足感が高かった。
ライブパフォーマンスが向上すればもっと面白いのに。
(ギタリストはパフォーマンスも最高でした。)

ラスト、レイザーズエッジ。
この夏3回目。
忘れもしません、彼らと始めてであったのもロフト。
当時は恥ずかしながらハードコアという音楽に全く持って興味関心が無く、
スラッシュ・エム・オールなライブを邪険に扱っていました。
ごめんなさい、今は大好きです。
楽しいライブとは彼らのことですよ。
案の定この日もっとも人数の少ない前方ブロックで、
まるで高校生の文化祭のようなノリで暴れました。
下駄オヤジfrom町田(レイザーズライブの名物オヤジ推定60歳)もダイブを敢行。
新ギタリストもいい感じでなじんでます。
是非人気のある大阪で見たい。いつかは十三ファンダンゴ!
posted by AT$U-SHIT at 23:09| Comment(0) | TrackBack(0) | Music Live Report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。